日本唯一のサクラ代行専門。説明会・内覧会・見本市・コンサート・ライブなどにサクラを派遣します。

安心してご利用いただくためのお約束

  • HOME »
  • 安心してご利用いただくためのお約束

あなたに安心してご利用いただくための措置

偽客.com(以下、当事業所)は先着順を遵守しています。

先着順とは?

どのような取引があっても先にご依頼いただいた方を優先させていただいております。

当事業所は偽客代行サービスを提供していますが、派遣人員数に限りがございます。
そして、依頼者さまが求める人材・動員数は、時期・派遣地域によって変動します。

お問い合わせをいただいたとしても稼働状況によって対応できない場合があるのです。
そのため、先着順として対応させていただいています。

依頼者さまが業界で有名人であるとか、業界大手であるとか、
それなりの見返りがあるからといって先着順を崩すわけにはまいりません。

公平を期すためにも、信頼を損なわぬために「ひいき」はできないのです。

ですので、「料金は割増しで支払うから他社より優先してもらいたい」
とのご要望があっても受け入れかねます。

必ず、ご依頼のお問い合わせをいただいた順番に対応させていただいております。

なお、偽客(さくら)代行サービスを提供している業者のなかでこの点を
公式に宣言しているのは現時点(2019/2/15)で当事業所だけです。

※当記事を発見して類似業者は追随し同様の記事を
公式サイト・ブログに追加するかもしれません。前例があります。

なぜなら言いにくいためです。
公言するのに抵抗があるためです。

裏があるのですね。

利益を重視する業者のなかには「ひいき」をする可能性もあるとお考えください。

どういうことなのか?

たとえば現状でA地区に動員できる人員(スタッフ)が50人いたとします。
そこにA社から「X月X日にA地区のA店に偽客を20人ほど寄こしてほしい」との
依頼があったとします。

50人全員を遊ばせておくわけにはいきませんので当然のごとく依頼を引き受けます。

その後、A社と打ち合わせが完了し、あとは当日を待つだけとなります。

しかし、そこにB社から問い合わせが。

依頼内容は「X月X日にA地区のB店に偽客を40人ほど寄こしてほしい」

A社と派遣日が同じ。ですが派遣人員数が異なります。

通常、信義的には先に本契約を交わしたA社を優先するために
B社の依頼を断るはず。

ですが、利益だけを重視する業者であればA社の依頼を断り、
B社の依頼を引き受けるます。

A社の要望に応えて20人を派遣するより、
B社の要望に応えて40人を派遣したほうがより実入りが良いためです。

悪徳とは言えないかもしれませんが、このような行為を裏でしている
業者が存在……してないとは言い切れないです。

また、当事業所では他社とバッティングしていたとしても
料金の割増を請求することはございません。

当事業所では個人・法人・中小企業・大企業のひいきはせず
必ず先着順での対応を遵守しています。

これは皆様に安心してご利用いただくための措置でもあります。

どうか、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 偽客派遣.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP